Profile

ジュン

Author:ジュン
大阪府在住。
ガーデニング初心者ですが
日々の植物の事などを紹介していきたいと思います。


Entries


Comment


Category


Arcives


Calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Track Back


Links


Search


Counter


email form

名前:
メール:
件名:
本文:


まとめ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   ぽん庭1のコピー

5月16日、快晴の中でOGに行ってきました。
ブログ友達のみーさんに車で送っていただき、sissiさんと三人で、まずはぽんさんのお庭に…。あまりの美しさに言葉をなくし、ひたすら見入ってしまいました。

   ぽん庭8
  素敵な寄せ植えがお出迎え。こういう小さなところまで美しくされているのって凄いです。

   ぽん庭7
  カラーリーフコーナー。様々な色のカラーリーフが美しく競演。あぁ、大好きな黄金葉タイツリソウが…。

   ぽん庭3
  構造物の異なる植物をバランスよく植えられています。
  
   ぽん庭4
 テクスチャーが考えられて組み合わされていて感心させられるばかり。

   ぽん庭9
  どの植物も生き生きとしていますね。

   ぽん庭11
   ブラッキーなコーナー。
レッドとブラックを基調にとても美しく植栽されています。バラはザ・プリンスとトラディスカント。
私もブラックコーナーを作り始めているところなので、この植栽はとても参考になります。
色々お話を聞くと、リシマキア・アトロパープレアは本来は宿根草ですが、一年草扱いになるとのこと…。そうなんだ・・・ショック。

   ぽん庭5
  オシャレなガーデンファニチャーはご主人様の手作りとのこと…。羨ましい・・・。

   ぽん庭
   あの有名なグラヴェルガーデン。

   ぽん庭12
   こんな所にも素敵な演出が感じられます。
   
OG初日ということで、ぽんさんも他のお客様の対応でお忙しそうでしたので、なかなかゆっくりとお話しすることは出来ませんでしたが、ナマぽんさんを見ることが出来、憧れのお庭もじっくりと見させていただくことが出来て、本当に勉強になり刺激も受けました。また、ガーデニングのモチベーションが上がりました。本当に来てよかった!

ぽんさんのお庭で、みーさんやぽんさんのブログ友達のyokoさんと、yokoのお友達のぐりさんと合流して、他の方のお庭も見せていただき(そのレポートはみーさんやyokoさん、sissiさんのブログで詳しく・・・他力本願でスミマセ…^^;)、その後、念願の宝塚ガーデンフィールズにも行くことが出来ました。

そして、それから、園芸店にも二件、連れて行ってくださり、本当楽しかったです。(買うまいと思って行っても結局思いっきり買っちゃった…;)
みー姉さん、色々と案内していただきありがとうございました!
最高のガーデニングツアーな1日でした~^^

こちらも覗いてみてくださいね。
気になる記事…にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ『ロココの優しい時間』 スイセン タリア
宿根草・多年草 『small garden』花アロエ・・・ブルビネ フルテッセンス   
『Garden Schop』タイリンエンレイソウ 八重咲き
banner_04.gif
『たまがわ日和』生田緑地バラ園 2008,5,16
『「ほんの小さな庭」バックヤードより』深谷オープンガーデンに行ってきました♪
『enjoy garden』 パープルタイガー◆トラディスカント◆ミッドナイトブルー◆不明オールドローズ◆コーヒーオベーション

にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ にほんブログ村 花ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ banner_04.gif

   
スポンサーサイト
最近オーリキュラの記事が無いので久しぶりに…^^
現在咲いているPrimula × pubescens たち。
  
  Primula × pubescens4
  カフェラテみたいなプベスケンス。
  
  Primula × pubescens5
  大株でよく咲いてくれる苺ミルクちゃん。

  Primula × pubescens7
  紫の花弁と黄色いサークルの対比が美しい…。

  Primula × pubescens6
  erikoさんに頂いたerikoさんの実生栽培のオーリキュラ。
  濃い青紫がとても美しい、クールビューティな子。

  Primula auricula
  ボーダーオーリキュラ‘Blue Velvet’

プベスケンスと言えどもちゃんとオーリキュラなのでそれなりの世話はしないといけないです。
ただし、銘品オーリキュラよりも肥料を吸いすぎるようなので若干加減して与えた方がいいかなと思います。じゃないと、フリフリのフリルになっちゃいます(笑)

今日も京阪園芸へ。(笑)GWは園芸三昧すると決めたので…。
すると・・・大量のバラ苗が。あ、そっか。『ローズフェスタ』が近いんですね。

参考までに載せておきます。
『ローズフェスタ2008』クリフトンat京阪
期間:5月8日~6月1日

①5月8日~15日
オールドローズ特集。春苗大量入荷。
②5月16日~22日
モダンローズ特集。枝垂れ咲きミニバラ大量入荷。
③5月23日~6月1日
イングリッシュローズ・フレンチローズ最終大量入荷。
●特別企画:5月25日大野耕生氏来園。

何ですって~!?大野さんがいらっしゃるの!5月25日は絶対行かなきゃだわ~(喜)
写真も撮らないと!撮っていいのかな。レニーさんのオカズのためにも(笑)撮らなきゃだわ!ミーハーですみませーん^^;

  Abraham Darby2

今朝咲いていた私の生まれ年のアブラハム・ダービー。大輪で香りも良いので大好きです。

こちらも覗いてみてくださいね。
気になる記事…にほんブログ村 花ブログへにほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ 青と白のチューリップ!?『ロココの優しい時間』 チューリップ‘アルボコエルエレア オキュラータ’
宿根草・多年草 『small garden』今年のトキンイバラ(頭巾薔薇)  
『Garden Schop』香りフロックス ブルー・パフューム
banner_04.gif
『「ほんの小さな庭」バックヤードより』ロサ・グラウカ、クレマチス、カマキリの赤ちゃん
『enjoy garden』 ドドナエアの寄せ植えをリニューアル・・・

にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ にほんブログ村 花ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ 
人気ブログランキングへ banner_04.gif


                   Primula × pubescens3

「プリムラ・オーリキュラ」…
聞いたことがある方は多いと思いますが
育てている方は意外に少ないかもしれません。
一言で言うと「高山植物」です。
もう少し説明しますと…16世紀頃からイギリスで改良を繰り返され、園芸化が始まったといわれています。何世紀もの長い間、栽培されてきた高い人気を誇るサクラソウです。
花径は約2~3㎝の非常に繊細で油絵で書いたようなお花です。

本国イギリスでは銘品オーリキュラとして登録されるには幾つかの条件があります。
①通常5枚の花弁が6枚または8枚と偶数であること。
②短花柱花(雌しべが見えない)であること。短柱花のみが選別の対象となっており
長柱花はどんなに美しい花でも基準から外されます。
③花が円形に近く花弁がフラットで波打たないこと、花弁の切れ込みが少ないこと、中心円環が円形で歪みが無いこと、
…etcと、まぁ、細かい条件があって、それに合わない個体は
オーリキュラに含まれないつまり↑上の写真のプベスケンス
Primula × pubescens)になるわけですが、
日本では知識があまり無いので、プベスケンスをオーリキュラとして売っても通用してしまうのが現状です。

銘品はさらに『ショウ系』、『アルパイン系』、『ストライプ系』、『ファンシー系』、『ダブル系』そして『ボーダー系』と呼ばれる一般的な系統まで細分化されています。

私が現在育てているオーリキュラで今年咲いたもの&咲いているものを説明を加えてご紹介したいと思います。

   Hetty Wool3

 ‘Hetty Woolf’ 
 (グレイ/ホワイトエッジ Grey/White Edge Auricula)
 花弁の外周がグリーンエッジで全体に白い粉を吹く品種。
 この白い粉を吹く品種をショウ系と言います。

   Hinton Admiral3

 ‘Hinton Admiral’
 (グレイ/ホワイトファンシー Grey/White Fancies Auricula)     
 緑の花弁(エッジ)品種で、その内側(ボディーカラー)が赤系、紫系、黄系の品種。
         
       Remus5.jpg

 ‘Remus’
 (ブルー ショウセルフ Blue Show Selfs Auricula)
 中心に白い粉のサークルが有り、外周が青~紫系の品種。

       Moonrise5.jpg

‘Moonrise’
 (イエロー ショウセルフ Yellow Show Selfs Auricula)
 中心に白い粉のサークルが有り、外周が黄系の品種。

       Anwar Sadat3
         
 ‘Anwar Sadat’
 (ライトセンターアルパイン Light Centred Alpines Auricula)
 花弁の中心が白からクリーム色の品種。
         
   Kim4.jpg

 ‘Kim’
 (ゴールドセンターアルパイン Gold Centred Alpines Auricula)
 花弁の中心がゴールドの品種。
       
       The Raven5

 ‘The Raven’
 (ダーク ショウセルフ Dark Show Selfs Auricula)
 中心に白い粉のサークルが有り、外周が暗色系の品種。

       Blue Velvet3

 ‘Blue Velvet’
 (ボーダーオウリキュラ Border Auricula)
 基本種に近い美しい品種。オーリキュラ初期の選別種で野生種に近いもの。

咲いたオーリキュラは以上ですが、なかなか咲かすことは難しいんです(゚_゚i)
今の所、数十株あるうちの数株しか咲きませんでした。
蕾がついても腐って咲かなかったり、株が充実していなければもちろん花芽は付きません。

オーリキュラの栽培ポイントは、肥料、水、用土の三つさえちゃんとしてやればいつかは咲きます。
肥料、水食いなのでとにかく多肥栽培してやること。夏場は水を控えめに(葉が少ししなびてきたら与える。)日陰で栽培することで夏越しは幾分しやすくなるかと思います。
ロココさん情報によると40℃までは耐えられるそうです。
(おそらく休眠状態にしてやる。)
が、私は自信が無いので今年は冷蔵庫に入れます(笑)
用土は私の場合は鹿沼土だけでやってますが、自分なりの土の配合を見つけて皆さん(ロココママン、幸子さん、風の子さん、erikoさん、jyakeyさん)やっておられます。
皆さんベテランさんなのでホント、肩身が狭いです…(・ω・;A)

長い文章を読んでいただきありがとうございました。

にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ にほんブログ村 花ブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ banner_04.gif


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。